Spot 02 PLAY in 福岡

BOND編集長が見た
世界遺産候補「宗像大社」

世界遺産候補「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群。
福岡のフリーペーパー「BOND」の編集長 小柳俊郎さんが、宗像三女神を祀る宗像大社を訪れ、その歴史に触れた。
小柳 俊郎 BOND編集長
小柳 俊郎 BOND編集長
1969年 福岡県・大牟田市出身
1992年、同志社大学卒業後、熊本県にあるアミューズメントパークの運営会社にてイベント・宣伝・PR等の企画運営に携わる。2003年、外資系広告会社BBDO J WESTに入社。大手企業のメディア施策、商業施設の開業やべ国メジャー映画のプロモーション、テレビ番組等、多数手がける。2011年、ビジネスマン向けフリーペーパー『BOND』を編集長として創刊。
http://www.bbdojw.co.jp/
http://bond-mag.jp/
世にパワースポットは数あれど、ここ「宗像大社」は、そのトップランク間違いなし。本殿から、参道奥深く進むとあらわれる、”神が降りる場所”「高宮」は必見。その歴史も一緒に感じる、清々しい旅でした。
入口にそびえる、大鳥居。
宗像歴史観光ボランティアの会の小田さん!若い「ムツゴロウさん」(笑)みたいな感じ!いろんなことを教えてくれました!
いわゆる「拝殿」!三女神の「市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)」をお祀りしてある「辺津宮(へつぐう)」です。
後ろに回り込んで、本殿を間近に。パワースポットを実感できます!
荘厳な「ご神木」。どこまでも空にそびえている枝が印象的です。
本殿から、「高宮」へ続く参道への入り口。何かに誘われるような、心地がする場所です。
「高宮」へ向かう参道への入り口は、別世界へと進んでいくような気持ちになります。
一気に別世界の雰囲気漂う、参道を歩きます。
宗像大社の「狛犬」は、ド迫力です。にらめっこしたくなる面構え!
駐車場から、祈願殿を通って、本殿へと向かいます!
太鼓橋から「神門」を望む、2つめの鳥居。いよいよ「宗像大社」へ、お邪魔します。
祈願殿の中にある、大きな書。見入ってしまいます。誰の書なんだろ?
「宗像大社」とは、三女神をお祀りしている、3つの神域すべてをあわせて、そう呼ぶ。まずは、ここを熟読して進むと、感動が違います。
「宗像大社」の歴史や資料などが無料で楽しめる「海の道むなかた館」。休憩もできるので、ぜひ!
通るたびに、笑顔を振りまいてくれていた巫女さんと。女性の神様をお祀りしている場所なので、余計に巫女さんが神々しく見えます。

PLAY in 福岡

HUSKING BEE
音楽と仲間と福岡

平野紗季子さんと
福岡おいしいモノ巡り

BOND編集長が見た
世界遺産候補「宗像大社」